お知らせ

第17回ロボットグランプリ

  日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門は、工学技術の面白さを体験できる「知的スポーツ」を広く一般大衆に提供することで「工学技術をスポーツする文化」を創生し、日本が世界に誇る「ものづくり産業」の持続的な発展の基盤を確立すべきであると考え、1997年の学会100周年の記念行事に一般に開かれたロボットの競技大会である「第1回ロボットグランプリ」を開催し、その後継続的に開催してまいりました。本年も上記の要領で開催いたします。本大会参加者には研究奨励金や豪華な副賞をも用意いたします。また各大学・企業等で研究開発中の多くのロボット展示も行う予定です。参加される方も見に来られる方も、是非ご家族連れでご来場下さい。

  • 開催期間
    • 2014年3月22日(土)~23日(日)
  • 開催会場
    • 科学技術館 1階 展示・イベントホール 5-7号館
  • 主催
    • (一社)日本機械学会
  • 企画
    • (一社)日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門
  • 入場料
    • 無料
  • 開催スケジュール
    3月22日(土)
    13:00~ 開会式
    13:20~ 大道芸ロボット競技会 決勝

    3月23日(日)
    9:30~ ロボットランサー競技会 予選
    スカベンジャー競技会 予選
    13:00~ ロボットランサー競技会 決勝
    スカベンジャー競技会 決勝
    16:30~ 閉会式

    3種目のロボット競技を行います。
    また、大学の研究室や企業で開発されたロボットの展示・デモンストレーションも行います。
    ロボット展示・デモンストレーション:3月22日( 土 )、23日( 日 )

  • 競技概要
    ■大道芸ロボット競技会:
    1. コンピュータ制御部門:コンピュータ制御によって芸を演じるパーフォーマンスロボットによる競技です。テーマは自由。コンピュータ制御ロボットならではの奇抜で独創的な芸を考えてください。演技の独創性,楽しさ,そして芸術性などが評価されますが,もちろんそれらを実際にロボットの動きで表現する技術力が成功の鍵です。
    2. からくり部門:重りやバネなどの,電力以外の機械的な動力で動く「からくり」の動きの面白さや創造性,芸術性,そして技術力を競います。ハイテク時代のからくり師を目指して挑戦ください。
    ■ロボットランサー競技会:
    エネルギー源と制御装置を内蔵し自律で動く、槍を装備した槍騎兵(ランサー)ロボットが、円周状のコースラインを周回しながら、コースラインの左右にある標的を次々と突いていく競技です。それぞれの標的には予め得点が決められており、標的を突くたびに得点が加算されていきます。ある一定時間内に獲得した総得点数を競う競技です。
    ■ロボットスカベンジャー競技会:
    小学生からお年寄りまで、だれでも参加できる競技会です。1チーム2名で、予め車両キットを基本とした2台の車両を作り、さらに家庭にある材料でアームやバケットなどを作ります。競技会当日は、それぞれのチームが手作りしてきたロボットをリモコンで操縦しながら、一定の時間内に、ごみや資源ごみに見立てたピンポン玉や空き缶などを複数のゴールに分別して集めます。それぞれのごみには点数が決められており、獲得した得点を競います。
  • 開催情報のURL

●主催者の都合により、掲載していない情報もございますが、ご了承下さい。
●掲載内容は、主催者より提供頂いた情報に基づいております。