お知らせ

周辺ガイド

ガイドマップ

〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2-1

北の丸公園

地下鉄東西線「竹橋」駅1b出口から徒歩8分。

清水濠、牛ヶ淵、千鳥ヶ淵に囲まれた公園で、1950年代後半に旧近衛連隊などの建物を撤去して森林公園として造成された。

外周部は皇居の森と一体感を保つため、クスノキ、タブノキ、スダジイなどの常緑樹が植栽され、中央部には芝生地、池が配置され、その周辺にはヤマモミジ、ケヤキ、コナラ、クヌギなど落葉樹や花木があり、野鳥が好む「実のなる木」も多く植えられ、秋には美しい紅葉が見られる。


毎日新聞社ビル

地下鉄東西線「竹橋」駅1b出口から徒歩1分。

「パレスサイド」の名の通り、皇居の北の丸のお濠端に位置する。建物は地上9階+塔屋3階、地下6階建てで構成されている。敷地が道路と日本橋川にえぐられた細長い形状となっているため、2棟をずらして雁行状に配置し、それぞれの外側端部に、エレベーター、トイレ、階段など配した2本の円柱状のコアが付けられている。

毎日新聞東京本社、並びに毎日新聞社と資本関係のある企業が多数入居しているほか、地下1階・地上1階には一般市民が利用できるレストラン街などがある。地下は約300台収容できる全自動式の駐車場が大部分を占めている。1960年代を代表する大規模複合建築として、その後のオフィス建築のプロトタイプになった建築であり、日本近代建築の傑作の一つとして知られている。


日本武道館

東京メトロ東西線・半蔵門線/都営新宿線「九段下」駅2番出口から徒歩5分。

 日本武道館は1964年に開館し、その年に第18回オリンピック東京大会では、初めて正式競技に採用された国技・柔道の競技会場として使用された。

 法隆寺夢殿をモデルにした八角形の意匠で、大屋根の稜線は富士山をイメージしている。1966年には、ビートルズが公演した所。

柔道・合気道・剣道・弓道・空手などの武道やダンス、マーチングバンド・バトントワリングの競技会(大会)・演武会などに使われるほか、民放各局が主催・放送していた、年末の賞取りレースと称される音楽祭(1988年まで)コンサートや格闘技(プロボクシング、プロレスリング、総合格闘技)の興行会場、大学や企業などの大規模な入学式・卒業式・入社式の会場として等、幅広く使用される。


東京国立近代美術館

地下鉄東西線「竹橋」駅1b出口から徒歩3分。

日本初の国立美術館として1952年に京橋で開館。69年に現在の北の丸公園に移転した。日本画、洋画、彫刻、水彩・素描、写真など約10,000点の作品を所蔵し、所蔵作品展は20世紀初頭から、現代までの各分野にわたって近代美術の多様な展開を、年代に

沿って通覧できるよう展示しています。

 

WEBサイト:WWW.momat.go.jp

開館時間:10:0017:00金曜日は20:00まで(入館は閉館30分前まで)

休館日:原則月曜日、展示替期間、年末年始(12/271/1)

観覧料:一般430円、大学生130円、高校生以下および18歳未満、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方無料(所蔵作品展)

場所:〒102-8322 千代田区北の丸公園3-1